岡田 龍之介

東京生まれ。慶應義塾大学経済学部、東京藝術大学卒業。同大学院修了。音楽学を角倉一朗、チェンバロを有田千代子、渡邊順生各氏に師事。1983年J.J.ルソーのオペラ「村の占い師」(原語による本邦初演)でデビュー以来、数多くの演奏会に出演。国内外のバロック奏者とのアンサンブルで培った通奏低音には定評があり、近年はソロ、教育活動にも力を入れると共に、各種講演会、執筆活動を通じてバロック音楽の普及にも積極的に取り組む。これまでにアリオン・レクチャーコンサート、栃木〔蔵の街〕音楽祭、目白バロック音楽祭、北とぴあ国際音楽祭、ソウル国際古楽祭、みなと・よこはまバロックシリーズ、旭川雪の美術館古楽コンサート、金沢史跡コンサート、NHK-FMなどに出演。第13回及び23回山梨古楽コンクールではチェンバロ部門の審査員を務める。またほぼ毎年訪れる韓国や、ドイツ公演など海外でも演奏活動を行う。

 

 2003年にリリースされたソロCD「銀色の響き」(レコード芸術誌準特選)をはじめこれまでに10枚のCDがある。古楽アンサンブル「ムジカ・レセルヴァータ」主宰。現在、洗足学園音楽大学、都留音楽祭各講師。鴻巣FM音楽番組「クラシックの散歩道」メインパーソナリティ。 

 

岡田龍之介リサイタル・ホームページ